考察

初めての学生バイト2話ネタバレ

投稿日:

 

『初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生』のネタバレ&無料試し読みサイトを教えます!

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 



 

 

あらすじネタバレ

 

爆睡してしまったようで、タクシーの運転手から声をかけられて目が覚めました。

 

「お客さん、お代は…」

「えっ?・・・4万円・・・」

「そうですけど・・・」

「はい・・・」

 

気が動転していましたが、クレジットカードで何とか支払いました。

「あぁ、どうしよう」

 

隠し通せるわけもないので、マネージャーに電話しました。

「いいよ、気にするなよ」

 

意外とすんなりOKをいただきました。

 

交換条件として、マネージャーの夜の相手をすることになりました。

 

「親から外泊の許可を取ってくるように」

 

嘘をついて友達と遊びに行くといって夜の街に繰り出しました。

 

マネージャーの用意した服を着ていると、いつもよりもセクシー路線だったので周囲からの目を気にしながら

 

飲食店に入りました。

 

お店に入りお酒を飲み始めました。

「最近彼女に振られてさ…」

「へぇ、どんな?」

「あなたに似ていて」

 

そういわれると赤面してきました。

 

マネージャーからすれば、彼女というよりもセフレだったんですけどね。

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 



 

麻美のもとにもお酒が届き、飲むと予想以上に度数が高くてすぐに酔いが回り始めました。

 

マネージャーは写真を撮り始めました。

 

食事がすむと、店を後にして歩きだしました。

 

麻美が酔っ払っていたので、公園のベンチに座りました。

 

「昨日のタクシー代いくらだった?」

 

急にマネージャーが起こったような口調になりました。

 

しかも、さっき取った写真を見せつけながら太もものあたりに手を伸ばしてきました。

 

「夜遊びしているの、親に言ったらどうなるのかなぁ~」

 

マネージャーは脅しをかけているかのようでした。

 

4万円の借りをここで返さなくてはいけないのでしょうか。

 

麻美はどうすることも出来なくなっていました。

 

しかもお酒を飲んで酔っていたので、通常の判断も出来そうにありません。

 

マネージャーは畳みかけるかのように

 

「もう一ついいものを見せてあげようか」

 

と言いでしました。

 

一体何が始まるのでしょうか。

 

麻美は噴き出した汗が止まらなくなっていました。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 



-考察

Copyright© 初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生ネタバレリーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.