文化資料アーカイブ入門 〜将来の芸術文化の発展に向けて〜

歴史、芸術、民族、産業、自然科学等に関する文化資料は、我が国の歴史や文化を理解するために欠くことのできない貴重な資料であると同時に、将来の芸術文化の発展の基礎を成すものです。これら歴史的・文化的価値のある貴重な資料の散逸・消失を防ぎ、保存と利活用を図るためには、文化資料アーカイブの構築・整備が有効な手段となります。

このたび、文化庁では、将来的に文化資料のアーカイブに取り組みたい方や、現在取り組んでいる方、興味を持っている方を応援するためのシンポジウムを開催します。本シンポジウムを通じて、文化関係資料をアーカイブすることの重要性とアーカイブを構築するための具体的な取組事例を紹介します。

主催 文化庁 参加無料・先着順(定員200名)

東京会場

金沢会場

お申込はこちら

シンポジウム プログラム

東京会場 3月24日(木)

  • 13:00〜13:30 受付
  • 13:30〜13:35 開会挨拶
  • 加藤 敬(文化庁文化部芸術文化課長)
  • 13:35〜14:20 基調講演
  • 田良島 哲(東京国立博物館 博物館情報課長)
  • 14:30〜14:55 事例報告①
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業についての報告
  • 14:55〜15:15 事例報告②
  • 中川 裕美(公益社団法人日本写真家協会日本写真保存センター調査主任)
  • 15:15〜15:35 事例報告③
  • 金子 貴昭(立命館大学衣笠総合研究機構(アート・リサーチセンター)准教授)
  • 15:35〜15:55 事例報告④
  • 土屋 紳一(早稲田大学演劇博物館 デジタルアーカイブ室・写真室)
  • 16:05〜16:50 対談
  • 川口 雅子(国立西洋美術館 学芸課情報資料室長)
  • 生貝 直人(東京大学附属図書館新図書館計画推進室・大学院情報学環 特任講師
  • 東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター 特別研究員)
  • 16:50〜17:30 ポスターセッション、交流会

金沢会場 3月26日(土)

  • 12:30〜13:00 受付
  • 13:00〜13:05 開会挨拶 
  • 小林 正浩(文化庁文化部芸術文化課課長補佐) 
  • 13:05〜13:50 基調講演
  • 竺 覚曉 (金沢工業大学教授、同ライブラリーセンター館長、同建築アーカイヴス研究所長)
  • 14:00〜14:20 事例報告①
  • 村上 隆(京都美術工芸大学教授、高岡市美術館館長)
  • 14:20〜14:40 事例報告②
  • 中川 裕美(公益社団法人日本写真家協会日本写真保存センター調査主任)
  • 14:40〜15:00 事例報告③
  • 金子 貴昭(立命館大学衣笠総合研究機構(アート・リサーチセンター)准教授)
  • 15:00〜15:20 事例報告④
  • 土屋 紳一(早稲田大学演劇博物館 デジタルアーカイブ室・写真室)
  • 15:35〜16:20 対談
  • 竺 覚曉 (金沢工業大学教授、同ライブラリーセンター館長、同建築アーカイヴス研究所長)
  • 桂 英史(東京藝術大学大学院映像研究科 教授)
  • 16:20〜17:00 ポスターセッション、交流会
お申込はこちら
お問い合わせ
文化庁シンポジウム事務局:E-mail/bunka-sympo@toppan.co.jp